長城を行く
黄崖関──漁陽古地の重鎮

黄崖関──漁陽古地の重鎮

黄崖関は明代九辺鎮の薊鎮に属する馬蘭路の要衝で、古来、兵家必争の地として幾多の戦役がくりかえされてきた。紀元前の秦はこの地に県を設け、それが薊県となった。隋のころ漁陽と改名され、唐代に薊州となり、ふたたび薊県にもどったのは辛亥革命後の1913年である。明の永楽帝は南京からみずからの根拠地である燕の国に遷都し、北京を首都とした。薊州は明の残党から京師(首都)防衛する軍事の要衝となり、堅牢な長城が修築された。そのひとつが黄崖関だ… [全文を読む]
山海関──遼西回廊の要衝

山海関──遼西回廊の要衝

山海関は明代に修築された長城の起点をなし、九辺鎮の薊鎮に属する最初の関所である。薊鎮は山海、石門、燕河、太平、喜峰口、馬蘭、墻子、曹家、古北口、石塘、居庸の11路から成り、北京北郊の居庸関までの区間に展開している。この場合の路とは長城の路段(区間)のことを指し、11路はさらに27小段にわけられる。天空に「天下第一関」の扁額を掲げた山海関の主楼である鎮東楼は、海浜から山にのびる長城の核として昇龍のような城壁の真ん中に屹立する… [全文を読む]
万里の長城──ユーラシア大陸の文明伝達装置

万里の長城──ユーラシア大陸の文明伝達装置

中国の歴代王朝は、あたかも文明の配電盤のようにユーラシア大陸の東半分に興亡した。中国側の呼称になる東夷、西戎、南蛮、北狄の周辺諸民族があびるようにその恩恵を受け、独自の文化を育んだのはいうまでもない。西や南の諸民族は陸と海のシルクロードからこれに浴し、北方民族はユーラシア大陸の東半分を南北に画する万里の長城を介して中華の文明を享受したのである。万里の長城は農耕と遊牧の諸民族が攻防した歴代の古戦場… [全文を読む]