転移・変容する中国語
2つの「去中国化」(脱中国化)

2つの「去中国化」(脱中国化)

9月上旬、これまで台湾がらみでしか使われたことのなかったはずの「去中国化 qùZhōngguóhuà」(脱中国化)という言葉がなんと習近平・国家主席の口から発せられるという報道が伝わり、筆者は大いに驚いた。この言葉をめぐって考えてみることは、現在の中国に生きる中国人のアイデンティティを考えていくことにもつながっていくと思う。9月上旬に北京師範大を訪れた習近平氏は、ここ数年国語の教科書からいわゆる古典作品… [全文を読む]
番外編2=韓国と沖縄から中国人の移動と中国語を考える

番外編2=韓国と沖縄から中国人の移動と中国語を考える

前回原稿からだいぶ間が空いてしまった。この間仕事の最盛期、そして二回の旅行でなかなか筆を執る気にならなかった。その旅行だが、本来はこの欄のこともあって、香港・広東地域へ行き、一部で盛り上がりを見せている広東語復興運動などについて報告するつもりだった。しかし諸事情から、急遽広東行きを取りやめ、韓国・ソウルと沖縄・那覇に振り替えた。意図したわけではないが、この夏は中国ではなく、戦前日本帝国の… [全文を読む]
番外編=議論呼ぶ中国当局媒体の外来語統制志向

番外編=議論呼ぶ中国当局媒体の外来語統制志向

筆者は定期的に中国語のニュースサイトをチェックしているのだが、その際に主に依拠するのは香港・台湾・北米のサイトだ。本当は大陸メディアもきっちりチェックすべきなのだが、その解読には独特の方法論を要するため、事実を明確に知りたい場合どうしても後回しになってしまう。もちろん、報道が中国国内の文脈でどう展開されているか知るために中国国内メディアをチェックすることはあるのだが… [全文を読む]
粉丝=芸能人などのファン、もしくはSNSなどのフォロワー

粉丝=芸能人などのファン、もしくはSNSなどのフォロワー

「エイプリルフールに当たる本日は、実は香港の銀幕のスター、張国栄(レスリー・チャン)がなくなってから11回目の命日に当たる日だ。11年前の2003年4月1日、レスリーは香港マンダリンホテルから転落、帰らぬ人となったのだが、このニュースが全ての華人社会に衝撃をもって受け止められたのは記憶に新しい… [全文を読む]
同志=男女の同性愛者

同志=男女の同性愛者

筆者が台湾に行くようになったのは大学を出てから10年も経った90年代の最も終わりの頃で修士論文の文献集めをするようになってからだ。中国大陸を基準とした中国語教育を受けてきた筆者は台湾の言葉遣いには慣れていなかった。そんな頃、台北市内中心部にある公園近くに来た時、知り合いが次のように言った。「あの公園には気をつけろよ、あそこは"同志"が多いからな」どういう意味なんだ、"同志"が多いって…。いわゆる中国大陸で使うあの意味ではないだろう…。その頃僕は台北市内… [全文を読む]
韩流=韓国サブカルチャーブーム

韩流=韓国サブカルチャーブーム

2003年8月から9月にかけて、筆者は資料収集のために台湾にいた。なぜこの時期を明確に書くかというと、それはこの時期が日本での韓流の広がりを考える上で、もっというと、なぜ日本社会でこの中国語起源の言葉を使うようになったか重要な時期であるからだ。この時期、筆者も中国語に多少のリテラシーのある者として「韓流」なる現象が中華圏で広がっていることは知っていた。むろん筆者だけでなく、すでに行き詰まり… [全文を読む]
哈日族=日本サブカルチャー愛好者

哈日族=日本サブカルチャー愛好者

「彼らの中のある者は木村拓哉のヘアスタイルを真似て、またある者は機会を見つけては日本式のラーメン屋を食べ歩いています。日本のアニメのコスプレに興じる人たちもいて中には日本までアニメの勉強に留学する人もいます。こうした人たちを"哈日族"といいます──」数年前使っていた教科書を見て驚いた。これは中国が舞台の話である。なのになぜここに「哈日族」が出てくるのだろう。この言葉は日本サブカル好きの… [全文を読む]
加倍奉还=倍返し

加倍奉还=倍返し

「やられたらやり返す、倍返しだ!」この表現は中国語圏では「人若犯我,加倍奉还」または「以牙还牙,加倍奉还」と訳出されています。「人若犯我」は「他人が自分を犯すならば」、「以牙还牙」は「目には目を、歯には歯を」ということです。「加倍」は「2倍にして」、「奉还」は日本語の「大政奉還」でも分かるように、目下の者から目上の者へ「お返し申し上げる」という意味。実にうまい訳出だと思いますよ。ちなみに「十倍返し」「百倍返し」は「十倍奉还」「百倍奉还」と… [全文を読む]