コラム
【番外編】空から長城──ユーラシア大陸ひとっ飛び

【番外編】空から長城──ユーラシア大陸ひとっ飛び

いまから思えばほとんど笑い話に等しいが、中国には「革命」をしに行ったのだ。1970 年代のことだった。留学先だった北京語言学院の学十楼(学生寮)に落ち着き、学院路から331路線のバスに乗って「進城」(城内に入ること)する余裕ができたころ、早くも革命の希望は潰えた。街を歩く人、疲れきってバスに乗っている人たちの表情や殺伐とした街景、国営商店や食堂の惨状を眺めているうちに、これはどうも間違ってしまった… [全文を読む]
報告書「フェアトレードビジネスモデルの新しい展開」

報告書「フェアトレードビジネスモデルの新しい展開」

この連載では、日本語以外で書かれた世界各地の報告書について紹介する機会が多いですが、日本国内のフェアトレード関係者が作成に携わった「フェアトレードビジネスモデルの新しい展開」という報告書が、先ごろ国際貿易投資研究所(ITI)から刊行されたことから、今回はこの報告書についてご紹介したいと思います… [全文を読む]
第34回 サロン「燕のたより」のお知らせ

第34回 サロン「燕のたより」のお知らせ

中国のエルサレムと言われる浙江省温州から非力(フェイリィ)牧師をお迎えして、5月6日(土曜)にサロンを開くことにいたします。中国では近年キリスト者が急増し、このまま続けば世界最大のキリスト教国になるとの説もあります。特に都市部では知識人、ホワイトカラー、学生たちが「家庭教会」に集い、信仰の自由を守っています。そのようなキリスト者のコミュニティは中国における公民社会の形成につながるのでは… [全文を読む]
京師を防衛する長城群

京師を防衛する長城群

北京市内には燕山々脈の尾根を中心にして幾筋もの長城が現存している。古来、北部外縁に構築され遊牧地帯と境界を画した長城、あるいは北京の懐深くに入り込み京師(首都)の中枢を護るために機能した長城など、その立地や役割はさまざまだった。北京の東西南北で入り組み、各所で複雑に交差する長城を、それらが所在する地区との関係に視点を合わせ、ここで一度整理しておこう。北京に今も残る長城のほとんどは明代長城で、それらをつぶさに観察していくと… [全文を読む]
フェアトレード促進のための公共政策:南米3ヵ国の事例

フェアトレード促進のための公共政策:南米3ヵ国の事例

最近、社会的連帯経済促進関連の公共政策についての記事が数多く刊行されたことから、この連載でもそのような公共政策を紹介する機会が増えていますが、今回は分野別、具体的にはフェアトレードにおいて、南米3か国(ブラジル、エクアドル、コロンビア)で実践されている諸政策をまとめた報告書の内容をご紹介しましょう… [全文を読む]
ポルトガル・アゾレス諸島における社会的連帯経済

ポルトガル・アゾレス諸島における社会的連帯経済

ポルトガルでは2015年10月にポルトガル連帯経済ネットワーク(REDPES)が結成されましたが、3月11日(土)にアゾレス諸島の中心都市ポンタ・デルガダ市内で開催された同ネットワークの総会プラス連帯経済の紹介イベントに参加してきました。これに合わせて現地の事例も見学してきましたので、その様子を報告したいと思います。なお、ポルトガルにおける社会的連帯経済については、第52回の記事も… [全文を読む]
バスク発の社会的連帯経済推進諸政策

バスク発の社会的連帯経済推進諸政策

最近は社会的連帯経済推進関係の公共政策についてさまざまな資料が刊行されていることから、それについての連載が多くなっていますが、今回はスペインのREASバスクが最近まとめた、社会的連帯経済の推進のための諸政策をまとめた報告書(スペイン語版、バスク語版)を紹介したいと思います。なお、この報告書内でもたびたび取り上げられている、バルセロナ県議会による社会的連帯経済の推進関連の報告書についての日本語要約は… [全文を読む]
独石口──明代長城の北限

独石口──明代長城の北限

北京駅から明代長城の北限──独石口をめざして、張家口、大同方面行きの列車に乗る。途中で南口駅、そして昨日に訪れたばかりの居庸関を左の車窓に見ながら、やがて青龍橋駅に達した。南口駅の「南口」というのは、居庸関の南口という意味だろう。居庸関長城の八達嶺寄りには北口があり、近代以前の時代には、この二つの関口が京師(首都)への入り口になっていた。青龍橋駅からは中国の鉄道の父と尊称される詹天佑(1861-1919)が京張(北京-張家口)鉄路の山越えで… [全文を読む]
非営利組織(NPO)と社会的連帯経済の違い

非営利組織(NPO)と社会的連帯経済の違い

今回は、社会的連帯経済と似ているものの異なる概念である非営利組織(NPO)あるいは非営利セクターについて紹介したうえで、社会的連帯経済との違いについて明らかにしたいと思います。日本ではどちらかというと、社会的連帯経済よりもNPOや非営利セクターのほうが広く知られていると思いますが、両者の違いをわかりやすくお伝えいたします… [全文を読む]
国連社会開発研究所の提唱する社会的連帯経済関係の公共政策

国連社会開発研究所の提唱する社会的連帯経済関係の公共政策

2013年1月に始まり、月2回のペースで続けてきた連載ですが、今回めでたく第100回を迎えることになりました。まだまだ社会的連帯経済については世界各地で様々な情報があるので、この連載を通じて今後も日本の読者の皆さんに多種多様な実例や理論などを紹介してゆきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い申し上げます… [全文を読む]
居庸関──雲台に刻された西夏文字の誘惑

居庸関──雲台に刻された西夏文字の誘惑

渤海湾に突き出した老龍頭を起点に歩きはじめた長城を踏破する旅は、山海関、角山長城、漁陽古地の山奥にある黄崖関、そして燕山々脈の尾根を走る司馬台、金山嶺、慕田峪と外長城をめぐってきた。今回、その遊牧と農耕地帯を画する外長城から数十キロほど南下して、京師(首都)防衛の要としての役割を担った内長城の居庸関にむかう。居庸関長城は北京市街から北西におよそ50キロ、観光バスで1時間半ほどの距離だ… [全文を読む]
ソウル市における社会的経済

ソウル市における社会的経済

前回(第98回)はバルセロナ市役所が最近発表した社会的連帯経済推進のための諸政策を紹介しましたが、韓国の首都ソウル市では、朴元淳(パク・ウォンスン)氏が2011年に市長に就任以来、社会的経済の推進においても目覚ましい動きを見せています。今回は、同市が発行した「ソウル市における社会的経済の発展の現状」(英語版・フランス語版)と題されたブックレットの内容を紹介したいと思います… [全文を読む]
慕田峪──首都防衛の要衝

慕田峪──首都防衛の要衝

中国北方の春は唐突にやってくる。北京市街から北郊の長城にむかう国道の並木は、いまだ冬姿だ。見上げるような大樹に緑の一葉もなく、樹間に北国の殺伐とした風景を見とおすことができる。それが慕田峪にのぼり、敵楼から山肌を見下ろすと、縹渺とした霞の中に薄紅色の春が萌えているではないか。このあたり一帯はくるみ、栗、りんご、梨、桃、山査子、杏の宝庫だという。金山嶺長城で冬枯れの荒野を走破したのはほんの数日前だったのに、季節のうつろいはなんと劇的というほかない… [全文を読む]
バルセロナ市役所による社会的連帯経済推進政策

バルセロナ市役所による社会的連帯経済推進政策

バルセロナ市における社会的連帯経済の発展の歴史や現状については、第77回および第78回の連載ですでに紹介していますが、最近バルセロナ市役所が一連の推進政策を発表(カタルーニャ語)しましたので、今回はそれについて紹介したいと思います。スペインでは2015年5月の統一地方選挙により、各地で新しい市長が生まれましたが、その中でも各種先進的な取り組みで最も有名なのが、バルセロナ市長に就任したアダ・コラウです。 [全文を読む]
ブエン・ビビールや「国内総幸福」について

ブエン・ビビールや「国内総幸福」について

まずは、ブエン・ビビール(Buen Vivir)です。直訳すると「よい生活を送ること」となるこの単語は、2008年にエクアドル憲法が改正された際に採用されたことで、同国のみならずスペイン語圏諸国を中心として諸外国でも話題になりました。このブエン・ビビールは、エクアドルの先住民の言語ケチュア語のスマック・カウサイ(Sumak Kawsay)をスペイン語に訳したもので、スマックは「地球の理想的および美しい実現… [全文を読む]