狼の見たチベット
チベットのお正月

チベットのお正月

チベットにも正月はある。チベット語でロサルと呼ぶ。チベットには独自のチベット暦があり、チベット暦での新年を祝う。そのため、西暦換算では毎年不特定の日がロサルとなる。西暦2009年には2月25日に、チベット暦の2136年が始まった。西暦2010年の2月14日に、チベット暦の2137年が始まる。 [全文を読む]
ダライラマの亡命

ダライラマの亡命

前回も語ったように、中国は自分たちが強制した17条の協定を有名無実のものとし、チベットへの支配を拡大していった。ラサに進駐した中国軍による食料や物資の徴発により、ラサや近隣では食糧不足に陥り、物価は数倍に跳ね上がった。ラサの人々は、今までに経験したことのない飢餓というものを味わうことになった。 [全文を読む]
何故チベットの指導者の名前はモンゴル語なのか

何故チベットの指導者の名前はモンゴル語なのか

16世紀アムド地方に遠征してきた当時のモンゴルのハーンであるアルタンは、遠征の際にチベット仏教に感銘を受けた。そして、ゲルク派の僧スーナム・ギャツォと面会し、転輪聖王号を授かった。そのお返しにアルタイが、スーナム・ギャツォに贈った称号が「ダライラマ」だったということだ [全文を読む]
最もチベットに密着した動物、ヤク

最もチベットに密着した動物、ヤク

チベット人にとって乳製品といえばヤク(ディ)の乳からとったものが普通だ。チベットを代表する飲み物であるバター茶もヤクの乳から作ったバターを用いて作る。濃い目にいれた黒茶にヤクのバターと岩塩をいれ、ドンモと呼ばれる専用の器具で攪拌してバター茶は作られる。 [全文を読む]
ルンタプロジェクト

ルンタプロジェクト

ルンタプロジェクトはチベット本土から亡命してきたチベット人たちの自助支援をしていた。教育や技能習得の機会のなかった亡命チベット人にインドで暮らすための英語や、就職に繋がる技術教育をおこなってきた。多くのチベット人、自由を求める行動に出て本土で投獄された連中に住む場所と教育を受ける環境を用意してきた。 [全文を読む]
チベット亡命政府のあるダラムサラ

チベット亡命政府のあるダラムサラ

ダラムサラはインド北部、首都デリーよりもさらに北のヒマーチャル・プラデーシュ州という場所にある。ダラムサラの標高は1700m程度で、チベット高原に比べれば遥かに低いものの、平地に比べればチベット人たちには住みやすい土地と言える。スイスといい、ダラムサラといい、チベット人という連中は本当に山が好きな民族のようだ。 [全文を読む]
蝕まれる水と大地

蝕まれる水と大地

チベットには豊富な地下資源がある。世界の埋蔵量の半分と言われるリチウムや、それには及ばないまでも世界最大の埋蔵量を持つといわれるウラン、さらにクロム鉄鉱や銅や鉄などの金属資源の埋蔵量もかなりのものと言われている。他にもアムド地方からは年間100万トンの原油が産出しているし、有望な金山がアムド地方だけでも8箇所稼動している。 [全文を読む]
減りゆくチベットの森林量

減りゆくチベットの森林量

チベット高原は標高3500m〜5500m、多くの場所がお前さんたちの国で一番高い富士山よりも高い場所に広がる広大な平原である。高い山に登ったことがある者ならばわかることだが、チベット高原ほどの高度の場所は、気圧が低い、空気が薄い。平地とは全く環境が違う場所だ。 [全文を読む]
パンダの住む四川省

パンダの住む四川省

パンダと言えば、知っての通り今は普通ジャイアントパンダ、中国語で言う大熊猫(ダーシュンマオ)のことを指す。だが元々はジャイアントパンダよりも先にレッサーパンダの方が発見されていたため、パンダと言えばレッサーパンダのことだったそうだ。 [全文を読む]
銃殺された4人の若者

銃殺された4人の若者

さすがに中国当局も「デモに参加したから死刑」とは言えなかったらしく、表向き彼らは放火犯として刑を宣告されている。ロサンとローヤーに関しては今年4月8日に即時執行の死刑判決が出されていた。ペンキについては4月21日の新華社の報道で2年の執行猶予期間付の死刑判決を受けたと報じられていた。 [全文を読む]
その男の名はドンドゥプ・ワンチェン

その男の名はドンドゥプ・ワンチェン

ワンチェンは、他の多くのチベット人と同様に子供のころに正式な教育という奴を受ける機会が与えられなかった。1993年、ワンチェンは従兄弟と一緒にヒマラヤを越えてインドに向かった。あのナンパラ峠を通ったかどうかまでは知らないが、とにかく5000m級の山を越えてチベットを離れた。 [全文を読む]
ナンパラ峠で見かけたチベット人

ナンパラ峠で見かけたチベット人

ナンパラ峠の惨劇を見た吾輩はチベットについて詳しく知りたいと思うようになりチベット中央部に向かって駆けた。吾輩たち狼は最高で時速70kmで走ることができる。陸上動物で最速であるチータの時速120kmには遠く及ばないが、奴らはその速度で精々数百メートルしか走ることはできない。 [全文を読む]
撃ち殺されたチベットの巡礼者

撃ち殺されたチベットの巡礼者

中国側は、この事件を国境を越えようとしたチベット人に平和的に注意を行ったにも関わらず、チベット人たちが中国兵たちを襲撃し、中国兵たちは身を守るためにやむを得ず発砲し二人のチベット人を「負傷」させたと発表した。しかしながらヨーロッパ人の登山家達が一部始終を撮影していた。 [全文を読む]