インフォメーション
日経新聞読書欄/モンゴル人の民族自決と「対日協力」

日経新聞読書欄/モンゴル人の民族自決と「対日協力」

中国で「10年の動乱」と呼ばれるプロレタリア文化大革命(文革)が始まってから今年は50年になる。終わってからでも40年だ。けれど、いまも文革の全容はあきらかにされたとはいいがたい。文革のなかで共産党政権が内モンゴルのモンゴル人に対するジェノサイドをおこなっていた事実を、筆者はさまざまな史料をほりおこして暴いてきた。本書では文革より前の時代から説きおこし、ジェノサイドの背景に何があったのか… [全文を読む]
書評/モンゴル人の民族自決と「対日協力」

書評/モンゴル人の民族自決と「対日協力」

楊海英氏は気鋭の文化人類学者。南モンゴル出身で日本名は大野旭。「日本名は筆名ですか?」と質問したことがあるが、モンゴルの本名はオーノス・チェクトゆえ、音感から日本字を充てた由。現在は静岡大学人文学部教授。しかし静岡に留まらず日本全国を行脚して、南モンゴルの悲劇、中国共産党の残忍な支配を語り継ぐ。日本の進歩的ブンカジンや左翼の反応は「中国を批判するのは右翼を利する」とか「まさか中国が… [全文を読む]
書評/チベットの秘密──照らし出される中国とチベットの「闇」

書評/チベットの秘密──照らし出される中国とチベットの「闇」

「チベット問題」──。1949年、中華人民共和国が建国後まもなく、独立国家だったチベットを「わが領土だ」と主張し、強引に中国の一部に編入させ、「民主改革」の名のもとに軍事侵攻を開始したことを発端とする各種の問題だ。中国の統治・支配によって、ガンデンポタン(チベット亡命政府)や西側諸国政府の調査によれば120万人ものチベット族が虐殺され… [全文を読む]
中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る

中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る

現在ネパールにて震災復興支援をされているルンタプロジェクト代表中原一博氏が帰国されるタイミングに合わせて、スライド&トーク『中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る』を開催します。関西ではなかなか聞けない貴重なお話(特に仏教について)です。ぜひご参加ください… [全文を読む]
モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

こうした批判と断罪は決して文化大革命中にだけ発生した特異な現象ではない。現在においても、モンゴル人が少しでも独自の歴史観を示したり、生来の自治権を主張したりすると、たちまち一九六〇年代とまったく同じようなレッテルを貼られ、逮捕されているのである。そういう意味で、文化大革命は少数民族地域から収束していないのが事実である… [全文を読む]
第29回サロン「燕のたより」のご案内

第29回サロン「燕のたより」のご案内

6月4日、土曜日、四川省成都の家庭教会「秋雨之福帰正教会」より王牧師をお迎えし、次のようにサロンを開くことになりました。教会の名前は『聖書』詩篇84篇7節「嘆きの谷を通るときも、そこを泉とするでしょう。雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう」からです。2005年、リベラル憲政学者の王怡氏と数人の求道者が集って始め、現在は、知識人や学生を中心に信徒が千名を越えています。習近平体制の反西洋… [全文を読む]
書評『中国国民性の歴史的変遷』

書評『中国国民性の歴史的変遷』

国民性論とか民族性論というのはしばしば大きな話題となる。戦後の日本でもルイス・べネディクトの『菊と刀』、イザヤ・ベンダサン(山本七平)の『日本人とユダヤ人』、中根千枝の『タテ社会の人間関係』などが注目を集めた。だが近代中国における国民性論ほど、議論のタネとしてではなく、真剣かつ深刻な議論、場合によっては政治問題とさえなってきたものはないだろう。19世紀半ば以降の中華世界の凋落… [全文を読む]
クジラの文化 竜の文明──日中比較文化論

クジラの文化 竜の文明──日中比較文化論

東アジアと西欧の文明を吸収し、クジラのように独特の進化を遂げた日本文化と、東西南北の民族と混交することで、キメラ(合成体)的な相貌をもつ中国文化──「衣食住行」など日常の暮らしから、政治制度、価値観、思考方法の相違まで幅広い分野を探求した日中文化を理解するための好著− [全文を読む]
書評「内モンゴルから見た中国現代史」

書評「内モンゴルから見た中国現代史」

本書は、中国共産党政府による内モンゴル(本書ではこの記述で統一されているので、筆者もそれに倣う)弾圧支配についての、中国側資料に基づく告発の書だ。そして本書の特徴は、何よりも、中国側の内部文書を大量に引用紹介し、彼らの資料から弾圧の方針や実態を引き出したこと、また、共産党が政権を奪取する直前から文化大革命にいたるまで、系列を追って弾圧政策の進行を論じている点である… [全文を読む]
立花隆氏による書評『中国妖怪・鬼神図譜』

立花隆氏による書評『中国妖怪・鬼神図譜』

相田洋『中国妖怪・鬼神図譜』は、驚くほど情報量が多い本だ。これは清朝末期に上海で発行されていた絵入りの旬刊紙『点石斎画報』を、一九八三年に広東人民出版社が復刻したもの。清朝末期の中国庶民たちが信じていた、あらゆる俗習、信仰、妖怪の類が絵入り解説書としてギッシリ詰め込まれている。内容的にはバカげたものが多いが、これが中国人のマインドの中に今もある信仰世界なのだと思ってみていくと、中国民衆レベルの… [全文を読む]
中国妖怪・鬼神図譜 ── 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習

中国妖怪・鬼神図譜 ── 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習

空前絶後の中国オカルト図鑑。天界の神々から妖怪、呪術、仙人まで、激動の世紀末中国を騒がせた神秘事件を通し、四千年の歴史が生んだ百鬼諸神の実像を細密なイラストで活写した宗教民俗大全! [全文を読む]
『人間の条件1942』書評/三浦小太郎

『人間の条件1942』書評/三浦小太郎

本書は、一九九三年に出版された中国の作家劉雲のルポルタージュ文学「人間の条件1942」と、同作品を二〇一二年に映画化した際のシナリオで構成されている。小説は、一九四二年河南地方で起きた三〇〇万人の餓死と、同数に及ぶ飢餓難民の発生を、当時を知る人々を取材していく過程が書かれている。その中で最も印象に残るのは「飢え死にかい?そんな年はたくさんありすぎるんでね。いったいどの年のことをいっている… [全文を読む]
中国国民性の歴史的変遷

中国国民性の歴史的変遷

中華数千年の専制体制と古代・中世貴族・武人の「名誉意識」との凄絶にして長大なる闘争! 中国人の「国民性」なるものとは何か? 「阿Q的」なものとは何か? その非人間的な負のシステム・歴史遺産を剔抉し、それらと悪戦苦闘した梁啓超・魯迅・胡適から孫文・蔣介石・毛沢東までの政治思想を再検討… [全文を読む]
「厄介な隣国」の行動原理教えます

「厄介な隣国」の行動原理教えます

残忍で凄まじい復讐劇や血で血を洗う権力闘争に明け暮れ巨額の賄賂や法のねじ曲げなどは日常茶飯事、業火が極まる男と女の情念世界──中国大陸の王朝の歴史を紐解くと、うぶな日本人には到底許容できそうもない、圧倒的スケールの人間活劇にたじろがされるばかりです。並外れた善人の世界もありますが、「だまされる方が悪い」という行動原理が今も幅を利かせるこの「厄介な隣国」とどう切り結んでいけばいいのか… [全文を読む]
人間の条件 1942

人間の条件 1942

こんな事実があったとは! 2012年映画になったシナリオも収録! 1942年、戦争と飢餓に襲われ、政府に見放された中国内陸部・河南省の3000万人の民。大量の餓死者を出し絶望の淵にあった彼らを救ったのは祖国ではなかった。それは日本軍であった。長年タブー視された極限状況の人たちの史実を、中国で大きな反響を呼んだルポルタージュ小説と映画版の2部構成で映し出す。 [全文を読む]