小社刊行書籍のご案内
主権と平和は「法の支配」で守れ 中国の違法開発を「国際仲裁裁判所」に訴えよ

主権と平和は「法の支配」で守れ 中国の違法開発を「国際仲裁裁判所」に訴えよ

日々の行動をこれほどオープンに語る国会議員がいただろうか。中国の違法開発で緊張の度を増す東シナ海──。日本のみならずアジアの平和を願って奔走する激務の日々を、ときに厳しく、ときにユーモラスに、あますことなく記録したオフィシャル・ブログの待望の書籍化… [全文を読む]
満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

満洲は、近代国家の道を歩み始めた日本にとって、フロンティアであり、ショーウインドーであり、実験場であった。満洲に築かれた独自の文化と生活、ユートピア(王道楽土)に夢を描いた日本人の姿を描く。産経新聞の連載「うたかたの宝石箱 満州文化物語」を再構成のうえ書籍化!… [全文を読む]
中国文化大革命「受難者伝」と「文革大年表」

中国文化大革命「受難者伝」と「文革大年表」

一党専制下の独裁政治、専制体制は、必ず大きな誤りを犯しますが、独裁者・党軍高官はそれを隠蔽し、その責任を問われることに恐怖し、ますます独裁の度を強化し、最後に「一大破局」の地獄に国家・人民を陥れるものです。中国の毛沢東と党の「誤り」とは、中央革命根拠地時代の八万人にも及ぶ同志粛清=AB団粛清に始まり、建国直後の「大量処刑」と「三、四〇〇〇万人の餓死者」を出した大飢餓事件です… [全文を読む]
台湾北部タイヤル族から見た近現代史

台湾北部タイヤル族から見た近現代史

本書は外省人、本省人の立場からではなく、原住民の視点から見た台湾史であり、歴史学である。その際、私の関心は、平埔族のように「近代化」を受け入れた民族ではなく、それを頑強に拒絶し、対清・対日抵抗を続け、最も「野蛮」と称され、台湾原住民の中で影響力の強かったタイヤル族にある。そして、タイヤル族内でも、特に指導的立場にあった台湾北部の桃園県角板山タイヤル族に焦点を合わせる。日本植民地時代に… [全文を読む]
グラミンのソーシャル・ビジネス

グラミンのソーシャル・ビジネス

ソーシャル・ビジネスとは,社会的な課題をビジネスの手法を用いて解決に導く事業のことである。ソーシャル・ビジネスは一般的なビジネスとは異なり,利潤最大化を目的としない。その目的はあくまで社会的な課題の解決である。2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行およびグラミン・グループは、様々なイノベーションを起こし、革新的なビジネスモデルを生み出している。そのビジネスモデルに… [全文を読む]
フロンティアと国際社会の中国文化大革命

フロンティアと国際社会の中国文化大革命

中国文化大革命50周年記念。モンゴル・ウイグル・インドネシア・アンデス・フランス・イギリス・キリスト教そして日本。それらの地域・歴史的文脈から「文革」の意味と今後の世界を探る。10名の気鋭の研究者による日本発信の画期的論文集。「なぜ今、中国文化大革命と世界との関係について考えるのか」。文化大革命は未だに終わっていないからである。文革が終了してから50 年も経つが、歴史と化していないから… [全文を読む]
近刊/ヒトを食べたきりん

近刊/ヒトを食べたきりん

小さな町に住む不器用なきりん。人にとけ込めず、孤立したきりんは追いつめられ、ついにヒトを…。私たちの隣にある〈孤独〉と〈闇〉を描き、静かな余韻を残すメルヘン・ノワール… [全文を読む]
社会的連帯経済入門

社会的連帯経済入門

おそらく日本では大多数の方が知らない概念だと思われますが、社会的連帯経済は日本を含む世界各地でその重要性を増しています。社会的連帯経済、社会的経済あるいは連帯経済などという表現を積極的に使う国や人もあれば、そのような表現を使わずに実践を行っている国や人も多くありますが、新自由主義的な価値観が支配的な世界であっても、それとは違う経済や社会を構築する方法として社会的連帯経済という概念や、それに含まれる各種事例が注目を集めているのです。(中略)資本主義や共産主義=国家資本主義のみが経済ではない… [全文を読む]
台湾史小事典〔第三版〕

台湾史小事典〔第三版〕

原著は、李登輝政権下、中学生用歴史教科書『認識台湾・歴史篇』の副読本として生まれた。日本語版第一版では(原著にない)一九九五年から二〇〇六年六月までを、増補改訂版ではさらに二〇一〇年五月までを加筆補充した。第三版では、二〇一六年一月、総統選挙で民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が圧勝して、立法院選挙でも民進党が過半数を制した時点までを収録している。第一版および増補改訂版で記載された千百年来の台湾史の重要な内容を継承しつつ、第三版ではそれらの項目をさらに精査改訂し、原書の図表も新たに描き直した… [全文を読む]
モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

こうした批判と断罪は決して文化大革命中にだけ発生した特異な現象ではない。現在においても、モンゴル人が少しでも独自の歴史観を示したり、生来の自治権を主張したりすると、たちまち一九六〇年代とまったく同じようなレッテルを貼られ、逮捕されているのである。そういう意味で、文化大革命は少数民族地域から収束していないのが事実である… [全文を読む]
クジラの文化 竜の文明──日中比較文化論

クジラの文化 竜の文明──日中比較文化論

東アジアと西欧の文明を吸収し、クジラのように独特の進化を遂げた日本文化と、東西南北の民族と混交することで、キメラ(合成体)的な相貌をもつ中国文化──「衣食住行」など日常の暮らしから、政治制度、価値観、思考方法の相違まで幅広い分野を探求した日中文化を理解するための好著− [全文を読む]
中国妖怪・鬼神図譜 ── 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習

中国妖怪・鬼神図譜 ── 清末の絵入雑誌『点石斎画報』で読む庶民の信仰と俗習

空前絶後の中国オカルト図鑑。天界の神々から妖怪、呪術、仙人まで、激動の世紀末中国を騒がせた神秘事件を通し、四千年の歴史が生んだ百鬼諸神の実像を細密なイラストで活写した宗教民俗大全! [全文を読む]
中国国民性の歴史的変遷

中国国民性の歴史的変遷

中華数千年の専制体制と古代・中世貴族・武人の「名誉意識」との凄絶にして長大なる闘争! 中国人の「国民性」なるものとは何か? 「阿Q的」なものとは何か? その非人間的な負のシステム・歴史遺産を剔抉し、それらと悪戦苦闘した梁啓超・魯迅・胡適から孫文・蔣介石・毛沢東までの政治思想を再検討… [全文を読む]
人間の条件 1942

人間の条件 1942

こんな事実があったとは! 2012年映画になったシナリオも収録! 1942年、戦争と飢餓に襲われ、政府に見放された中国内陸部・河南省の3000万人の民。大量の餓死者を出し絶望の淵にあった彼らを救ったのは祖国ではなかった。それは日本軍であった。長年タブー視された極限状況の人たちの史実を、中国で大きな反響を呼んだルポルタージュ小説と映画版の2部構成で映し出す。 [全文を読む]
現代中国の民族政策と民族問題

現代中国の民族政策と民族問題

1950、60年代の内モンゴルは果たして「民族自治の黄金時代」だったのか? 放牧地開墾や漢人入植の実態と影響、末端地域における政治や言語政策、それに土地改革革改革、反右派闘争、大躍進、文化大革命などの分析を通じて、中国でいち早く民族政策が実施された内モンゴル社会の変化を明らかにする… [全文を読む]