2008年の北京オリンピックは中国の国力の増強と影響力の拡大を十分に体現し、中国中に成功の喜びを満喫させたのだった。この年のことは、疑いもなく中国の歴史書に留められるであろう。しかし同時に、その一年は、中国が自己と世界との交流の上に存する隔たりを深刻に認識させられ、さらにこの種の隔たりが、挫折感と苦渋の思いを伴っていたことも、いやというほど味わったのである。 [全文を読む]