民主中国陣線日本支部事務局長王戴です。記念集会の御知らせです。

六・四天安門事件二十四周年記念集会ご案内

 皆様におかれましては、日頃より中国民主化運動に対し多大なる御理解と御支援を賜り、誠に有難うございます。本年も六・四天安門事件で失われた多くの尊い命に心から哀悼の意を表すため、記念集会を開催いたします。

 三月中旬に閉幕した中国全国人民代表大会(全人代=国会)で、習近平氏は党総書記・国家主席と国家中央軍事委員会主席の三大権をすんなりと握った。天安門広場での流血から今年で二十四年目となりますが、一般庶民が官僚の財産公開を求めると拘束され、メディアの記者が政治家とその家族の巨額財産について調べると、国家政権転覆罪になってしまうという習近平と李克強体制の下で、中国における人権状況は年々厳しさを増しております。中国共産党は国民のため信用を守る団体ではありません。中国を変えたいのなら、共産党一党独裁体制を終わらせることです

 この記念集会を機に、一党独裁体制の中国について様々な意見交換を行い、交流を深めあいたく存じますので、皆様におかれましては、是非とも御臨席くださいますよう、宜しく御願い申し上げます。

 日時:2013年6月4日(火)18時開場 18時半開会 21時半閉会
 会場:文京シビックセンター26階「スカイホール」
 住所:東京都文京区春日1-16-21
 最寄:JR水道橋駅⇒[徒歩10分]
    東京メトロ後楽園駅⇒4bまたは5番出口[徒歩3分]
    都営地下鉄春日駅⇒文京シビックセンター連絡通路[徒歩3分]
 参加申し込み:TEL 03-5907-5660 / FAX 03-5907-5662
  : 080-4170-6089 / 080-4155-1414/ 090-8340-2388

 また日時が迫っており、大変恐縮です、告知のご協力を重ねてお願い申し上げます。