このたび小社サイトにて、写真家の伊勢祥延さんによる『バンク・オブ・仏陀の道』という新しい連載エッセイがスタートしました。
伊勢さんは小社刊『リトル・チベット』の著者でもあり、仏教徒を中心とした非営利の組織「四方サンガ」と深い関わりのある写真家です。このたびの新エッセイは、その「四方サンガ」の依頼により、バンク・オブ・仏陀(BOB)、通称「ブッダバンク」という銀行業務の開設のためのバングラデシュ奮闘記です。写真家ならではの豊富な写真図版とともにお届けする新エッセイ。ご高覧のほどよろしくお願い申し上げます。

新エッセイ『バンク・オブ・仏陀の道』

エッセイスト紹介/伊勢祥延(いせ・よしのぶ)
1960年北海道生まれ。1975年中学卒業後、美容師として働き始める。30歳の時に沖縄で1年間ほど過ごし、南国の暮らしに強い影響を受けて以来、東南アジア・カリブ・南太平洋などの南の島々を歴訪。1993年札幌市の中心街に「ヘアーメイクDRAW」を開設。1994年旅をして撮り貯めた写真を、ポストカード写真集として発表したのをきっかけにフリーの写真家として独立、以後新聞・雑誌・広告等の仕事を手掛け、現在はアフリカ・アラブ・中央アジアなどの少数民族や難民などの人物ドキュメンタリーを中心に撮影を続けている。
■個展 「シーンズリミックス」「メムワーズ」「キッズ」「マサイネーション」「インディアトライブ」「2002年難民の子供達は今」など。
■写真集:「シーンズ」、「シーンズ2」、「共有の時」、「TRIBAL VILLAGE(トライバル ビレッジ)」、「リトル・チベット」など。