インド 解き放たれた賢い象 - ジャケット書名:インド解き放たれた賢い象
著者:グルチャラン・ダース
訳者:友田浩
A5判/418頁
定価:3,486円(税込)
発行:集広舎
発売:中国書店
ISBN:978-4-904213-04-9 C0098 ¥3320E

アマゾンで購入

 
インド人による初めての本格的なインド紹介の本と評判の『インディア・アンバウンド』の邦訳。ノーベル経済学賞受賞者アマルティア・センも「自叙伝、経済分析、社会調査、政治点検およびビジネス展望が、ない交ぜになってインド理解へと導く素晴らしい本」と絶賛する。

【本書構成】
第一部 希望の春(1942〜1965)
 第一章 英語で怒鳴り、サンスクリット語で詠唱する
 第二章 バザールの匂い
 第三章 行き先のない列車
 第四章 あのとき盲目、そして今は?
 第五章 もしかつて豊かだったのなら、なぜ今は貧しいのか
 第六章 新聞配達の道
 第七章 資本主義で富み、社会主義で貧する
第二部 失われた世代(1966〜1991)
 第八章 バザールの力
 第九章 《レルマロホ》と《台中在来1号》
 第十章 カースト
 第十一章 ゼロを掛ける
 第十二章 マルワリ商人
 第十三章 カブタルカーナの夢
 第十四章 許認可の憂うつ
第三部 夢の復活(1991〜1999)
 第十五章 一九九一年「黄金の夏」
 第十六章 百万人の改革者たち
 第十七章 ニューマネー
 第十八章 オールドマネー
 第十九章 中流階級の着実な台頭
 第二十章 近代と西洋
 第二十一章 まず民主主義、それから資本主義
 第二十二章 知識は富なり
 第二十三章 新しい国家

◎自叙伝、経済分析、社会調査、政治点検および経営展望がないまぜになってインド理解へと導く素晴らしい本だ。(ノーベル経済学賞受賞者/アマルティア・セン)

◎何かとてつもない事がインドで起こりつつあり、ダースはその変化の脈搏にぴたりと指を当てた。(ニュヨーク・タイムス紙)

◎インドの曲がりくねった経済の軌道を示す、最も面白くて読み応えがあり、且つ洞察に富んだ一冊である。(ビジネス・ウィーク紙)

◎読者にとってはこの本は歓迎すべき驚きである。インドで起こっている根本的な変化に疎い読者の目を開かせてくれる。(ワシントン・ポスト紙)