1973 筑豊・最後の坑夫たち

1973 筑豊・最後の坑夫たち

発行日/2014年12月18日
著/永吉博義 帆足昌平
発行/集広舎
B5判変形/上製/160頁
定価/2,700円+税

アマゾンで購入

 

40年ぶりに蘇る坑夫たちの実像

撮影不可能とされていた坑内労働現場を捉えた貴重な写真群
1962年以降、エネルギー革命の激流は筑豊の炭鉱を押し流していった。終焉目前の1973年、労働現場の最前線・山野炭鉱地下527mへ。キャップランプだけが頼りの切羽(きりは)で、過酷な労働に従事した坑夫たち。その哀歓と労働の実態を記録する。
収録:筑豊地域15炭鉱(嘉穂郡・田川郡・田川市・嘉麻市・宮若市・飯塚市)約300点。

田川市石炭・歴史博物館館長 安蘇龍生氏(「序文に代えて──満腔の敬意をもって」より)
収録されている時代(時間的空間)は、まさに筑豊産炭地の終焉の時期である。(略)そして、全編の息づきの中にあって、今回の主役がまさに炭坑現場に生きた人々であり、貴重な坑内現場の多数の写真記録は、筑豊産炭地の終末期の証言者として、何物にも代え難い歴史的な場面を物語っている。(略)願わくば、各位はこの書を手にして、筑豊のかつての風景の中に、そこで生き抜いた人々の哀歓の深さと濃さに思いをめぐらせてほしいものである。

◇ ◇ ◇

出版記念・写真展のお知らせ

福岡市美術館
市民ギャラリーB室(入場無料)
2015年1月14日⇒18日(9:30⇒17:30 入館は17:00迄)
〒810-0051 福岡市中央区大濠公園1-6 ☎092-714-6051
主催「写真展筑豊・最後の坑夫たち」実行委員会

パネル展(2014年12月中旬より開催中)
◉丸善&ジュンク堂渋谷店
〒151-0043渋谷区道玄坂2-24-1東急百貨店7F
☎03-5456-2111
◉東京堂書店神保町本店
〒101-0051千代田区神田神保町1-17
☎03-3291-5181

パネル展の開催地を募集しています
お問い合わせ
集広舎(川端幸夫☎070-5271-3767/092-271-3767)