内モンゴルから見た中国現代史

内モンゴルから見た中国現代史

日本人に伝えたい戦後の内モンゴル東部地域の姿。旧満州国に属し、日本と協力し合った内モンゴル東部地域のモンゴル人たちは、新中国建国後、土地、宗教、文化、そして民族の誇りを奪われた。旗や村の末端単位でフィールド調査を敢行。公文書と証言から実態を明かす… [全文を読む]
多角的視点から見た日中戦争

多角的視点から見た日中戦争

2015年は戦後70周年であり、日中間では、日中戦争をめぐる歴史問題が争点となりつつある。現在、日本での「嫌中論」の高まりの中で、日中戦争の実相についての関心は薄れ、一部に歴史修正主義的言説がまかり通っている。本書は、政治・経済・軍事・文化・民族の相克の諸側面という多角的視点からみた日中戦争の実相を明らかにすることを目的にしたものである… [全文を読む]
安源炭鉱実録

安源炭鉱実録

憲法第1条で中華人民共和国は労働者階級の指導する労農同盟を基礎とした人民民主主義独裁の社会主義国家であると明記する隣国社会の実相に迫る。当局の監視と脅迫の下、気鋭の政治社会学者が綿密な聞取り調査を敢行。労働者全体が置かれている普遍的な状況を活写。複雑かつ危険な労務環境において、かつての栄光に捕縛されたままの炭鉱労働者は何を求めているのか─。改革開放の中、中国最大のエネルギー源である石炭の採掘に従事する人々のみならず… [全文を読む]
北京と内モンゴル、そして日本

北京と内モンゴル、そして日本

日本語ができる中国人として、日本人の家族として、今の日本人にあまり知られていない一昔前の中国のことを伝え、中国人のことを理解してもらい、互いの理解を深め合えることは、自分が人生を切り拓かんと、砂漠の地の真ん中で始めた日本語学習の究極の意義、身に着けた日本語を活かす最高の所為になるのではないか。……二〇一一年、東日本大地震が起こったとき、最後の仕上げ段階となっていた。 [全文を読む]
ビルマのゼロファイター

ビルマのゼロファイター

独立以来60年以上にわたって内戦が続く多民族国家ミャンマー。権利と尊厳をかけ自衛してきた少数民族の団結と自立支援のため、単身その大地に降り立って3年。UNFC(統一民族連邦評議会)を設立、ついに政府との和平対話にまで漕ぎ着ける──。愛車ゼロ・ファイター号とともに110万キロを駆けめぐった、一日本人の清々しいたたかいの記録。ジャーナリスト櫻井よしこ氏推薦。 [全文を読む]
チベットの秘密

チベットの秘密

民族固有の文化を圧殺された上、環境汚染・資源枯渇など全般的な存在の危機に直面するチベット。北京に「国内亡命」を余儀なくされ、一人のメディアとして創作と発信を続けてきたチベット出身の女性詩人が、闇に隠された「秘密」に澄明な光を当てる。 王力雄「チベット独立へのロードマップ」及び編訳者による「雪の花蕊─ツェリン・オーセルの文学の力」を併録。 [全文を読む]
新刊案内 - グラミンのソーシャル・ビジネス

新刊案内 – グラミンのソーシャル・ビジネス

本書は,バングラデシュのグラミン銀行,そしてグラミン・グループが実践するグラミン方式のソーシャル・ビジネスについて学ぶことを目的としている。グラミン方式のソーシャル・ビジネスの理念を知り,世界各国で実践されているソーシャル・ビジネスの現状を把握することで,社会的な課題をビジネスの手法で解決することの本質を理解できる。 [全文を読む]
艾未未読本

艾未未読本

北京オリンピック国立スタジアム《鳥の巣》の設計者のひとりであり、中国政府による逮捕・軟禁の圧力のなか、表現の自由を求めてやまない反体制的芸術家、アイ・ウェイウェイ──。政府がひた隠しにする四川大地震の被害を独自に調査し、死亡した児童5214人の名前をひとりひとり読み上げるドキュメンタリーDVDを制作したかと思えば、陶器によるヒマワリの種を1億粒、景徳鎮の陶工村に発注してロンドンのテート・モダンの広大なホールを埋め尽くす。 [全文を読む]
新刊案内『紫の花伝書』

新刊案内『紫の花伝書』

オリンピックの二年後から東京のあちこちで見られ始めた、不思議な魅力を持つ紫の花の群落、花だいこん。その花の名前や、伝搬のいわれをめぐって、さまざまな議論が紙上で展開された。最後は、植物学者・昭和天皇の投書まで登場して「花だいこん談議」は沸騰するのである。種子を大陸から持って帰った人達は、戦後の焼け野原になった日本を薄紫の花で一杯にしたいと願った。花は人間の心と人生を託して、運ばれていく。 [全文を読む]
新刊案内/中華郵便局の歴史地理

新刊案内/中華郵便局の歴史地理

本書の主たる対象時期は十九世紀末から二〇世紀前半であり、歴史地理学の分野では近代化の歴史地理に属するテーマである。中国が東アジア、東南アジアの近代に組み込まれていく過程で、地域性を支えたもの、変化を促進したもの、統合や組織化に向かわせたもの、あるいは分裂を指向させたものなどの歴史地理的な基本視座を考える際、中華世界の近代で展開した各種の郵便局の動向は示唆に富んでいる。 [全文を読む]
私の西域、君の東トルキスタン

私の西域、君の東トルキスタン

『殺劫──チベットの文化大革命(集広舍刊)』のツエリン・オーセルの夫、2010年ノーベル平和賞・劉暁波の畏友、中国民主化の鍵を握る著者が「国家機密窃取」の容疑で入獄などの艱難を乗り越え、9年の歳月をかけて新疆ウイグル人の内心と社会に迫った必見の書。台湾での出版に続き、世界に先駆けて邦訳刊行。 [全文を読む]
滄桑 - 中国共産党外伝

滄桑 – 中国共産党外伝

辛亥革命から文化大革命まで、一九〇〇年陝北の貧農の子として生まれ、窮民を率いて官倉を襲ったスタートから、中共の副省級の高官にまで昇りつめた人物とそのプロセスを生き生きと描く、二〇〇七年発禁処分の伝記小説。滄桑とは「滄海桑田、滄桑の変、世の中の移り変わりの激しいさま」を意味する。 [全文を読む]
増補改訂版・台湾史小事典

増補改訂版・台湾史小事典

政治・社会の自由化に伴う急速に進む台湾アイデンティティの高まりにより、教育においても大陸中心から台湾そのものを学ぶことが求められ、中学生用歴史教科書『認識台湾・歴史篇』の副読本として原著は生まれた。現代台湾の視線から、年表と事項解説を多用し、重要項目を網羅する台湾史の格好の手引き書となっている。 [全文を読む]
変わる中国を代表する18人のインタビュー集『中国新声代』

変わる中国を代表する18人のインタビュー集『中国新声代』

「故宮とスターバックス、というタイトルから何をイメージするだろうか。私たちは「現代中国」をほとんど知らない。隣国の巨人を、まず知ることから始めなければならない。本書は、最良のガイドブックである」──村上龍(帯より) [全文を読む]
路遥作品集

路遥作品集

このたび中国書店にて、中国の現代作家・路遥の生誕六十周年を記念して『路遥作品集』を刊行いたしました。路遥は、中国内陸部の黄土高原、延安の農村地帯を舞台に閉塞的社会構造下に生きる青年の野望と挫折を描き、一九九二年四十一歳の若さで没した茅盾文学賞作家です。真摯、重厚、静謐なその作品は、「隠れた声なき大多数」である海賊版の読者を含め、青年層を中心に今もなお絶大な人気を誇っています。 [全文を読む]
殺劫(シャーチエ)チベットの文化大革命

殺劫(シャーチエ)チベットの文化大革命

一九六六年から十年間、チベット高原を吹き荒れた文化大革命の嵐は、仏教王国チベットの伝統文化と信仰生活を完膚なきまでに叩き壊した。現在も続くチベット民族の抵抗は、この史上まれな暴挙が刻印した悲痛な記憶と底流でつながっている。長らく秘められていた「赤いチベット」の真実が、いま本書によって四十余年ぶりに甦る。 [全文を読む]
RSS Feed
徐州──廃黄河と京杭大運河の邂逅

徐州──廃黄河と京杭大運河の邂逅

徐州の北郊には河幅が100メートルにも達する大運河が流れ、支流が市内の迎春橋のたもとで廃黄河と合流している。その水面を砂利や雑貨など比較的に付加価値の低い貨物を積んだ平底船が数珠つなぎになって静かに航行している。南北に分裂していた中華を統一したのは隋(581-618)の文帝だった。そして第2代の煬帝期には江南から大興(西安)、あるいは燕(北京)まで途切れとぎれの運河を繋いで大運河(京杭大運河)が… [全文を読む]
中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る

中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る

現在ネパールにて震災復興支援をされているルンタプロジェクト代表中原一博氏が帰国されるタイミングに合わせて、スライド&トーク『中原一博 チベット・ネパール・仏教を語る』を開催します。関西ではなかなか聞けない貴重なお話(特に仏教について)です。ぜひご参加ください… [全文を読む]
モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

モンゴル人の民族自決と「対日協力」──いまなお続く中国文化大革命

こうした批判と断罪は決して文化大革命中にだけ発生した特異な現象ではない。現在においても、モンゴル人が少しでも独自の歴史観を示したり、生来の自治権を主張したりすると、たちまち一九六〇年代とまったく同じようなレッテルを貼られ、逮捕されているのである。そういう意味で、文化大革命は少数民族地域から収束していないのが事実である… [全文を読む]
ソウル市における公共政策

ソウル市における公共政策

韓国の首都ソウル特別市は、2011年に朴元淳(パク・ウォンスン)氏が市長に就任後、社会的経済の推進関係でさまざまな公共政策を推進しています。ソウル市の政策は日本においても何かと参考になることが多いと思いますので、今回ご紹介したいと思います。なお、韓国の社会的経済については、こちらの記事もご覧ください。朴元淳氏はもともと人権派弁護士で、大手市民団体参与連帯や市民社会向けのシンクタンク希望製作所(日本支部は現在「希望の種」に名称変更し、市民社会レベル… [全文を読む]
徐州──廃黄河と項羽の故郷

徐州──廃黄河と項羽の故郷

商丘の駅裏にある長途汽車站(長距離バスターミナル)から発して徐州に向かうバスは、途中で休憩しながら砿山、黄口、䔥県などの小鎮をたどってゆく。河南、安徽、江蘇の3省にまたがる殺伐とした農村風景が車窓に映る。路程は120キロ、中国の地理感覚からいえば、ちょっとお隣の街までというほどの距離だが、その行程は悪路もあるので思いのほか遠い。隣に座った田舎の学生風が心配そうに何度もなんども、徐州はまだですか、と聴いてくる。バスはやがて徐州西郊の廃黄河橋… [全文を読む]
台湾における社会的連帯経済

台湾における社会的連帯経済

日本周辺地域における社会的連帯経済の状況については、韓国と香港に関してはすでにこの連載で紹介しているものの、台湾についてはまだ紹介していませんでしたので、この機会に紹介したいと思います。社会的企業育成法が2006年に成立し、社会的企業振興院が各種支援活動を積極的に行っている韓国や(韓国における社会的連帯経済についての詳細はこちらで)、2008年より社会的企業サミットを年1回開催し… [全文を読む]
命の価値はどれほどの日々を生きたのではなく、どのように生きたのかによる

命の価値はどれほどの日々を生きたのではなく、どのように生きたのかによる

二人の林氏に心から敬服します。銅鑼湾書店の林栄基氏は、タバコを3本吸ってからようやく勇気を奮って真相を語り始めました。氏は香港の詩人の舒巷城の詩句を引用し、自分の気持ちを表しました。「ぼくはひざまずく本棚を見たことはない。しかし、ぼくはひざまずく読書人を見たことがある」。烏坎村の林祖恋氏… [全文を読む]
商丘──天文観測と聖火の源

商丘──天文観測と聖火の源

黄河は中華民族の揺籃と語り継がれ、古来、中国の母なる河と称されてきた。河套とよばれるオルドス砂漠(内蒙古自治区)を大きく湾曲して西から流れてきたこの大河は中原の大地を果てしなく東流しながら潤し、黄河文明を育んで中国の歴史を開いた。河套の「套」は袋や衣服のポケットの意味で、ここでは河の流れが形成した袋状の大地の地理的な形状のことを指している。青海に源を発した黄河が中国の大地を西から北へ… [全文を読む]
社会的連帯経済的な人間関係──資本主義や共産主義と比べて

社会的連帯経済的な人間関係──資本主義や共産主義と比べて

経済とは各人の需要を満たすための商品やサービスを生産・流通する活動のことですが、当然ながらここで、各個人や政府、企業や団体などとさまざまな関係性が生まれることになります。今回はこの関係性、あるいはステイクホルダー(利害関係者)という観点から、資本主義や共産主義と比べた場合の社会的連帯経済を考察してみたいと思います… [全文を読む]
商丘──北宋の応天府

商丘──北宋の応天府

黄河の水は中国の大地とおなじ色をしている。開封郊外の蘭考県挟河灘村で本流から分岐した廃黄河も濁った土色だ。黄土高原で大量の黄沙を拾って流れてきたからだろう。古来、黄沙は朔風にのって中原に吹きだまり、その高さは20~150メートルにも達するというからすごい。朔風の「朔」には「北」の意味があるから、北風のことを指している。中原に生まれて棲んだ漢族の気分になってみると、朔風は北方に位置する内蒙古のゴビ(砂漠)やオルドスあたりから吹き寄せてくる風だからまさに北風なのだ… [全文を読む]
ブラジル連帯経済フォーラムの連帯経済憲章

ブラジル連帯経済フォーラムの連帯経済憲章

前回の記事ではスペインの連帯経済ネットワーク憲章についてご紹介しましたが、今回の記事ではブラジル連帯経済フォーラムが2003年6月に制定した連帯経済憲章について取り上げたいと思います。なお、原文(ポルトガル語)および日本語訳は、それぞれこちらでご覧いただけます… [全文を読む]
開封──ユダヤ人コロニーと黄河の氾濫

開封──ユダヤ人コロニーと黄河の氾濫

河南省は漢民族の揺籃の地という意味で、中国の中心と言ってもよい。文明としての中華が発祥した黄河中下流域にひろがる広大な平原を形成し、「中原」とか「中州」(=文明の中心地)とも称される。そこはいま、とうもろこしやにんにくの畑が地平線までつづくかと思われる縹渺とした農耕地帯だ。その平原のど真ん中に開封という都市があり、黄河の恵みに育まれ、氾濫で翻弄された歴史や文化が横たわっている… [全文を読む]
第29回サロン「燕のたより」のご案内

第29回サロン「燕のたより」のご案内

6月4日、土曜日、四川省成都の家庭教会「秋雨之福帰正教会」より王牧師をお迎えし、次のようにサロンを開くことになりました。教会の名前は『聖書』詩篇84篇7節「嘆きの谷を通るときも、そこを泉とするでしょう。雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう」からです。2005年、リベラル憲政学者の王怡氏と数人の求道者が集って始め、現在は、知識人や学生を中心に信徒が千名を越えています。習近平体制の反西洋… [全文を読む]
書評『中国国民性の歴史的変遷』

書評『中国国民性の歴史的変遷』

国民性論とか民族性論というのはしばしば大きな話題となる。戦後の日本でもルイス・べネディクトの『菊と刀』、イザヤ・ベンダサン(山本七平)の『日本人とユダヤ人』、中根千枝の『タテ社会の人間関係』などが注目を集めた。だが近代中国における国民性論ほど、議論のタネとしてではなく、真剣かつ深刻な議論、場合によっては政治問題とさえなってきたものはないだろう。19世紀半ば以降の中華世界の凋落… [全文を読む]
スペインの連帯経済ネットワーク憲章

スペインの連帯経済ネットワーク憲章

連帯経済については、各国でさまざまな定義づけが行われていますが、今回と次回はそのような定義づけについて取り合得たいと思います。今回はスペインの全国ネットワークであるオルターナティブ連帯経済ネットワークのネットワーク(REAS)が2011年5月に制定した憲章から、その目指す方向を探りたいと思います。同憲章はかなり長い序文で始まりますが、まず連帯経済について、「人間、環境および持続可能な開発」を… [全文を読む]