小社刊行書籍のご案内
北京と内モンゴル、そして日本

北京と内モンゴル、そして日本

日本語ができる中国人として、日本人の家族として、今の日本人にあまり知られていない一昔前の中国のことを伝え、中国人のことを理解してもらい、互いの理解を深め合えることは、自分が人生を切り拓かんと、砂漠の地の真ん中で始めた日本語学習の究極の意義、身に着けた日本語を活かす最高の所為になるのではないか。……二〇一一年、東日本大地震が起こったとき、最後の仕上げ段階となっていた。 [全文を読む]
新刊案内◎人・風景・光/松永楠生写真集

新刊案内◎人・風景・光/松永楠生写真集

ベビー ブローニー型カメラで10歳の時、初めて撮影。アメリカ施政権下、美ら海に人に魅せられ沖縄を訪れる。日中国交回復、間もない中国の市井の人々を撮影。モダンアート展は、光をテーマに、光のプレリュード、光のメッセージシリーズの制作を続ける。その後もアメリカ各地に滞在し、人々を撮影。多くの新進芸術家が目指す、文化庁芸術家在外研修員に写真家として選ばれて、写真のメッカ、ニューヨークの国際写真美術館… [全文を読む]
ビルマのゼロファイター

ビルマのゼロファイター

独立以来60年以上にわたって内戦が続く多民族国家ミャンマー。権利と尊厳をかけ自衛してきた少数民族の団結と自立支援のため、単身その大地に降り立って3年。UNFC(統一民族連邦評議会)を設立、ついに政府との和平対話にまで漕ぎ着ける──。愛車ゼロ・ファイター号とともに110万キロを駆けめぐった、一日本人の清々しいたたかいの記録。ジャーナリスト櫻井よしこ氏推薦。 [全文を読む]
チベットの秘密

チベットの秘密

民族固有の文化を圧殺された上、環境汚染・資源枯渇など全般的な存在の危機に直面するチベット。北京に「国内亡命」を余儀なくされ、一人のメディアとして創作と発信を続けてきたチベット出身の女性詩人が、闇に隠された「秘密」に澄明な光を当てる。 王力雄「チベット独立へのロードマップ」及び編訳者による「雪の花蕊─ツェリン・オーセルの文学の力」を併録。 [全文を読む]
新刊案内/写真集「四天王顕現」

新刊案内/写真集「四天王顕現」

平成23年4月、像高約3メートル、木造としては日本最大級の四天王像が、日本を代表する佛師により、熊本県玉名市・蓮華院誕生寺の再建南大門に納められた。鎌倉時代から伝えられる賽割法の全行程を記録し、佛師自身がその心構えや宗教儀式までも明らかにした貴重な書。 [全文を読む]
新刊案内 - グラミンのソーシャル・ビジネス

新刊案内 – グラミンのソーシャル・ビジネス

本書は,バングラデシュのグラミン銀行,そしてグラミン・グループが実践するグラミン方式のソーシャル・ビジネスについて学ぶことを目的としている。グラミン方式のソーシャル・ビジネスの理念を知り,世界各国で実践されているソーシャル・ビジネスの現状を把握することで,社会的な課題をビジネスの手法で解決することの本質を理解できる。 [全文を読む]
艾未未読本

艾未未読本

北京オリンピック国立スタジアム《鳥の巣》の設計者のひとりであり、中国政府による逮捕・軟禁の圧力のなか、表現の自由を求めてやまない反体制的芸術家、アイ・ウェイウェイ──。政府がひた隠しにする四川大地震の被害を独自に調査し、死亡した児童5214人の名前をひとりひとり読み上げるドキュメンタリーDVDを制作したかと思えば、陶器によるヒマワリの種を1億粒、景徳鎮の陶工村に発注してロンドンのテート・モダンの広大なホールを埋め尽くす。 [全文を読む]
新刊案内『紫の花伝書』

新刊案内『紫の花伝書』

オリンピックの二年後から東京のあちこちで見られ始めた、不思議な魅力を持つ紫の花の群落、花だいこん。その花の名前や、伝搬のいわれをめぐって、さまざまな議論が紙上で展開された。最後は、植物学者・昭和天皇の投書まで登場して「花だいこん談議」は沸騰するのである。種子を大陸から持って帰った人達は、戦後の焼け野原になった日本を薄紫の花で一杯にしたいと願った。花は人間の心と人生を託して、運ばれていく。 [全文を読む]
新刊案内/中華郵便局の歴史地理

新刊案内/中華郵便局の歴史地理

本書の主たる対象時期は十九世紀末から二〇世紀前半であり、歴史地理学の分野では近代化の歴史地理に属するテーマである。中国が東アジア、東南アジアの近代に組み込まれていく過程で、地域性を支えたもの、変化を促進したもの、統合や組織化に向かわせたもの、あるいは分裂を指向させたものなどの歴史地理的な基本視座を考える際、中華世界の近代で展開した各種の郵便局の動向は示唆に富んでいる。 [全文を読む]
中国民主化民族運動の現在──海外諸団体の動向

中国民主化民族運動の現在──海外諸団体の動向

一九八九年、民主化を求める学生や市民が武力弾圧された六・四天安門事件後、民主化運動活動家の中には海外に逃れた者も多かったが、彼らの中から多くの運動組織が生まれた。本書では、こうした海外の民主化運動、そしてチベット人およびウイグル人による民族運動、また主に米国における両運動に対する支援組織に焦点が当てられる。 [全文を読む]
私の西域、君の東トルキスタン

私の西域、君の東トルキスタン

『殺劫──チベットの文化大革命(集広舍刊)』のツエリン・オーセルの夫、2010年ノーベル平和賞・劉暁波の畏友、中国民主化の鍵を握る著者が「国家機密窃取」の容疑で入獄などの艱難を乗り越え、9年の歳月をかけて新疆ウイグル人の内心と社会に迫った必見の書。台湾での出版に続き、世界に先駆けて邦訳刊行。 [全文を読む]
滄桑 - 中国共産党外伝

滄桑 – 中国共産党外伝

辛亥革命から文化大革命まで、一九〇〇年陝北の貧農の子として生まれ、窮民を率いて官倉を襲ったスタートから、中共の副省級の高官にまで昇りつめた人物とそのプロセスを生き生きと描く、二〇〇七年発禁処分の伝記小説。滄桑とは「滄海桑田、滄桑の変、世の中の移り変わりの激しいさま」を意味する。 [全文を読む]
増補改訂版・台湾史小事典

増補改訂版・台湾史小事典

政治・社会の自由化に伴う急速に進む台湾アイデンティティの高まりにより、教育においても大陸中心から台湾そのものを学ぶことが求められ、中学生用歴史教科書『認識台湾・歴史篇』の副読本として原著は生まれた。現代台湾の視線から、年表と事項解説を多用し、重要項目を網羅する台湾史の格好の手引き書となっている。 [全文を読む]
現代中国社会保障事典

現代中国社会保障事典

中華人民共和国建国(1949年)から今日に至るまで、現代中国の社会的、政治的変動とともに日々変化してきた社会保障およびそれを取り巻く社会現状・社会政策の諸事象や諸問題を紹介、説明、検討した「世界初」の事典。 [全文を読む]
Little Tibet リトル・チベット

Little Tibet リトル・チベット

写真家・伊勢祥延によるネパール、インドのチベット人居住区におけるチベット人達の写真をお届けします。 全国主要書店、およびオンライン書店、関係各所にて発売中です。 [全文を読む]