鄧小平

鄧小平の巨大な看板

 今年は中国の鄧小平が工業、農業、科学技術、国防の四つの近代化を掲げ「改革開放」、つまり市場経済の導入へと舵を切って40年を迎える節目の年である。鄧小平が権力を確立したのは、中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議(「3中全会」1978年12月18~22日)で、毛沢東の負の遺産の解消-文化大革命で失脚した人々の復権や新たな国造りに着手した。共産主義国家・中国の一大転換点である。

 独裁体制を敷いたかに見える現在の習近平政権は「改革開放」を死語にした。官製メディアにも40周年記念座談会の記事が時たま小さく出る程度だった。ところが8月3日、新華社のサイトが突然、トップに大見出しで「一層力を込めて改革開放を進めよう」との新華社評論員の記事を据えたのには驚いた。それまでは人民日報も新華社も「習近平」の記事が連日でかでかと載って、辟易するほどだったのだから。避暑地・北戴河での会議の時期でもあり、政治的意図がないとはいえまい。

 また同日、米国に本拠を置く華字紙「多維」のサイトには「温家宝の警告: 韜光養晦(とうこうようかい)は百年堅持し、ぐらついてはならない」との記事が載った。「韜光養晦」は「韜光養晦 有所作為(ゆうしょさくい)=才能をひけらかさず取りいれるべきものは身に着けて力を蓄えよ」と8文字セットで語られる。天安門事件で中国が国際社会の制裁を受けた時期、鄧小平が示した身を慎む外交路線である。この路線は江沢民、胡錦濤へと継承され、胡錦濤政権下の首相・温家宝も度々「韜光養晦」に言及した。多維の記事は、鄧小平が共産党高層の指導者たちに向けた談話で示した28文字、すなわち「冷静観察、穏住陣脚、沈着応付、韜光養晦、善於守拙、決不当頭、有所作為(冷静に状況を観察し、穏やかに事を進め、思慮深く対応し、才能を表にひけらかさず、出しゃばらずに節度を保ち、決してぶつからず、良いと思ったことをとりいれる)」の略であると紹介している。この記事もまた、名指しこそしないものの、国際社会と力で激突する習近平への痛烈な批判といえる。

 ところで、鄧小平と蒋介石の長男・蒋経国は、中国革命を推進する若者養成機関、モスクワ中山大学の同級生である。鄧小平22歳、蒋経国15歳と年齢こそ離れていたが、後に鄧小平は秘密裏に台湾総統・蒋経国に「第三次国共合作」を働きかけた経過があり、共に学んだ仲間意識はあったようだ。ただ、経国は父・蒋介石が上海の共産党組織を弾圧した事件を受けてシベリア送りとなり、一労働者として苦難の日々を送ったため、反共の指導者となった。

蒋経国

温家宝

 国際社会でほとんど忘れ去られているが、実は台湾も、「改革開放」との用語は用いないものの、今年実質的な“改革開放”四十周年の節目を迎えている。鄧小平の権力確立のおよそ半年前の1978年5月、蒋経国は中華民国総統に就任した。鄧小平も蒋経国もほぼ同じ時期に、共に「中華」の冠を付けた国家の権力のトップに立ったのだ。中国が天安門事件で国際社会の批判を浴びたのと同様に、台湾も1971年に国連から追放され、アメリカ、日本から断交され、しかも戒厳令を敷き続けて国際社会の孤児となった。白色テロの強権国家というイメージは世界に定着していた。

 蒋経国の“改革開放”の芽は、総統就任5年前に行政院長(首相)に就任した時から伸び始めた。まだ国民党内の権力闘争のさ中だったが、台湾経済の地力をつける6カ年計画「十大建設」を立案し、「大陸反攻のためには経済建設を進めなければならない」との名目で父・蒋介石の同意を取り付けた。それまで蒋介石は、台湾の社会資本整備などは金の無駄遣いという考えだったのだ。軍人だった父と異なり、経国は経済が分かる人物だった。経国は国際空港建設や鉄道網の電化、港湾整備、原子力発電所建設、造船業や石油化学工業などの振興を進めた。総統就任によって経済建設は加速度的に進み「アジアの四小龍」と呼ばれるまでに経済を発展させた。

 台湾の“改革開放”の特色は、大陸と異なり、政治の近代化に手を付けたことだ。まず、大陸出身の国民党員しか政治に携われない禁を緩め、地方政治に台湾人議員の進出を認め、野党の育成さえもくろんでいた。政治改革は徐々にしか進まなかったが、蒋経国には秘策があった。外交部長を務め、米国に駐在していた錢福に特命を与え、1986年10月、ワシントンポスト紙のキャスリーン・グラハム女史を台北に招待することにこぎつけたのだ。首都ワシントンにあるとは言え、経営不振に喘ぐ小さな田舎新聞だったワシントンポスト。夫の自殺を受けて社主となったグラハム女史は、政権の脅しに屈せずベトナム戦争秘密報告書(ペンタゴンペーパーズ)の掲載を決意して新聞経営者としての範を全米に示し、さらにニクソン大統領のウオーターゲート事件で大統領を追い詰めて、世界のメディアの輝かしい頂点に立っていた。

グラハム女史のインタビューを受ける蒋経国総統。中央の通訳は馬英九秘書(後に総統)

グラハム女史のインタビューを受ける蒋経国総統。中央の通訳は馬英九秘書(後に総統)

 10月7日、編集局長や腕利きの記者を同道したグラハム女史に、蒋経国は冒頭、台湾の戒厳令解除と民主国家として生きる決意を明らかにした。側近にさえ秘密にしていた構想に、世界は驚愕し、ニュースは瞬時に世界を駆け抜けた。蒋経国は国際社会が抱く台湾の暗黒イメージを劇的に一変させ、しかも「二つの中国」の現実を世界に向けて発信したのだ。中国が国連安保理の常任理事国の地位についたことで中国側に上がっていた台湾海峡を挟んだシーソーは、これを機に台湾側が上昇し始めた。

 蒋経国が選んだ後継者・李登輝は数々の困難に打ち勝って今日の民主政体の台湾を築いた。一方、鄧小平は「たとえ天と地がひっくり返っても、胡耀邦と趙紫陽がいれば安心だ」と語っていたが、二人を失脚に追い込んだ。天安門事件後、首相・李鵬が「次はだれにするのだ」と鄧小平に詰め寄った際、鄧小平は「もうだれもいない」と答えたとの話が民主派の間に伝わっている。ただ、鄧小平は江沢民の起用に当たって、次は共青団出身の胡錦濤と指名した。

 鄧小平の改革開放路線は、政治の近代化に手を付けなかったため、結果的に今日の中国の混迷を招き、習近平という鬼っ子を誕生させてしまった。一方、強権国家を脱して民主化に成功した台湾は、民主主義がもたらす政策と民意との軋轢に悩み続けてはいるが、これは民主主義の宿命だ。二つの改革開放路線について、歴史の女神クリオはどう評定を下すか。まだ、その時は来ていない。