第53回/新時代の日本を考える兵庫フォーラム

テーマ 中国民主化への切なる祈り──現代中国文学者として

 世界を震撼させた中国・天安門事件から25年が経ちました。飛躍的な経済発展は遂げたものの、自由への道はまだ遠いのが中国の現状ではないでしょうか。獄中でノーベル平和賞を受けた劉暁波氏などの文学者、キリスト教などの宗教者や精神的指導者、また多くの心ある人々が困難な現状の中でも民主化への活動を続けています。
 現代中国文学者として日本で活躍しつつ、母国の民主化を切実に願う講師を迎え、知られざる中国の実像や未来への展望など幅広くお話しいただきます。そして、私たちには何ができるかを、みなさまと共に考えたいと思います。

講師/劉燕子氏【リュウ・イェンズ】現代中国文学者/関西学院大学講師
1991年に留学生として来日し、大阪市立大学大学院前期博士課程修了(教育学)、関西大学大学院前期博士課程修了(文学)を経て、大学で中国語、中国文学を教えながら、日本語と中国語のバイリンガルで著述活動に励んでいる。ノーベル平和賞を授賞した劉曉波氏とも交流がある。著書・訳書に『黄翔の詩と詩想』(思潮社)、『中国低層訪談録―インタビューどん底の世界』(集広舎)、『殺劫:チベットの文化大革命』(集広舎、共訳)、『私の西域、君の東トルキスタン』(集広舎、監修・解説)、編著訳に『天安門事件から「〇八憲章」へ』(藤原書店、共著)、『「私には敵はいない」の思想』(藤原書店、共著)など多数。

◎日時/2014年8月22日(金)13時30分⇒15時50分頃
◎会場/ひょうごボランタリープラザ セミナー室
 神戸市中央区東川崎町1-1-3 神戸クリスタルタワー6階
 JR「神戸駅」徒歩3分(神戸駅南口から左手方面に見える最も高いガラス張りのビルです)

◎会費/1,000円
◎主催/新時代の日本を考える兵庫フォーラム
 連絡先:西垣秀樹 nishigaki@newsdesign.co.jp
 FAX. 078-576-0785

*参加ご希望の方は、上記連絡先またはご紹介者にお申し込みください。
*会場の都合により飲食の提供ができません。
 恐れ入りますが、水分補給のためのペットボトルなどは各自ご持参いただきますようお願いいたします。