劉暁波伝劉暁波伝
余傑著 劉燕子編
劉燕子・横澤泰夫訳
価格:2,916円(本体2,700円+税)
判型:四六判並製/509頁
ISBN978-4-904213- 55-1 C0023

アマゾンで購入
 

「心の自由のために、彼は身体の不 自由という代償を支払った」
1989年天安門事件、〇八憲章、ノーベル平和賞。
度重なる拘束や監視にもかかわらず中国にとどまり続け、
民主化を訴えた劉暁波とはどのような人間だったのか?!
最後まで彼と行動を共にした若手知識人作家による
劉暁波の人生録。

ぼくは、ぼくの行った事業が道義にかなったものであり、中国はいつかある日、自由で民主的な国になり、あらゆる人か? 恐怖のない陽光の下で生活するものと信じている。ぼくは代償を払った けれど悔いはない。独裁国家の中では、自由を追求する知識人にとっては、監獄は自由へ通じる第一の敷居であり、ぼくは既にこの敷居に向かって前進した。自由はそう遠いものではない。(本文劉暁波の言葉より抜粋)

劉暁波の略歴

1955年12月28日、吉林省長春に生まれる。文芸評論家、詩人、文学博士(北京師範大学大学院)、自由を求め中国民主化に尽力。1988年12月から米国にコロンビア大学客員研究員として滞在するが、天安門民主化運動に呼応し、自らも実践すべく予定をきりあげ急遽帰国。1989年6月2日、仲間3人と「ハンスト宣言」を発表。4日未明、天安門広場で戒厳部隊との交渉や学生たちの無血撤退に貢献し、犠牲を最小限に止める。その後、反革命宣伝煽動罪で逮捕・拘禁、公職を追われる。釈放後、文筆活動を再開。1995年5月~1996年1月、民主化運動、反腐敗提言、天安門事件の真相究明や犠牲者たちの名誉回復を訴えたため拘禁。1996年9月から1999年10月、社会秩序攪乱により労働教養に処せられ、劉霞と獄中結婚。2008年12月8日、「08憲章」の中心的起草者、及びインターネットで発表した言論のため逮捕・拘禁。2010年2月、国家政権転覆煽動罪により懲役11年、政治権利剥奪2年の判決確定。2010年10月、獄中でノーベル平和賞受賞。2017年7月13日、入院先の病院で多臓器不全で死去(一説では事実上の獄死)。著書多数。日本語版は『現代中国知識人批判』、『天安門事件から「08憲章」へ』、『「私には敵はいない」の思想』、『最後の審判を生き延びて』、『劉暁波と中国民主化のゆくえ』、『牢屋の鼠』、『劉暁波・劉霞詩選』(近刊予定)

目次

第I部 伝記篇
 序 / プロローグ
 第1章 黒土に生きる少年
 第2章 首都に頭角を表す
 第3章 天安門学生運動の「黒手」
 第4章 ゼロからの出発
 第5章 僕は屈しない
 第6章 「〇八憲章」と「私には敵はいない」の思想
 第7章 劉霞 土埃といっしょにぼくを待つ
 第8章 ノーベル平和賞──桂冠、あるいは荊冠
 エピローグ 「中国の劉暁波」から「東アジアの劉暁波」へ──日本の読者へ

第II部 資料編
 資料「天安門の四人」の「ハンスト宣言」(1989年6月2日)
 資料「〇八憲章」(2008年12月9日)
 資料「私には敵はいない──最終陳述

 あとがき