海と空の軍略100年史──ライト兄弟から最新極東情勢まで海と空の軍略100年史──ライト兄弟から最新極東情勢まで
著者:竜口英幸
定価:本体2300円+税
ISBN978–4–904213-56-8
四六判並製352頁

アマゾンで購入7ネットで購入紀伊国屋書店で購入TSUTAYAで購入hontoで購入Honya Clubで購入楽天ブックスで購入e-honで購入e-honで購入

 

20世紀以降の戦争史がこの1冊でわかります!
最新兵器から中国問題も解説! タイムリーな戦争・外交史入門!
航空機の誕生から大艦巨砲主義の時代を経て
空母・原潜・ステルス機・レールガンに至る兵器の変遷から
大戦時の政策過程や最新の東アジア情勢まで、
激動の近現代史を振り返り、
危機と対立が続く21世紀における日本の進むべき針路を問う
格好のバイブル!

著者略歴

竜口英幸(たつぐち・ひでゆき)ジャーナリスト。米中外交史研究家。西日本新聞TNC文化サークル講師。1951年福岡県生まれ。鹿児島大学法文学部卒。西日本新聞社に入社し編集局勤務。その後、人事部次長、国際部次長、台北特派員、事業局次長などを務めた。歴史や文化に技術史の視点からアプローチ。「ジャーナリストは通訳」をモットーに「技術史と国際標準」、「ダーウィンの進化論の意義」、「七年戦争がもたらした軍事的革新」、「日蘭台交流400年の歴史に学ぶ」、「中国人民解放軍の実力を探る」などの演題で講演・執筆活動を続けている。

目次

第1章 航空機の誕生
第2章 太平洋の覇権とアメリカ
第3章 日米の総力戦と大艦巨砲主義の終焉
第4章 戦争終結への隘路
第5章 空の帝国への道程
第6章 東西冷戦と極東情勢
第7章 二つの中国のはざまで
第8章 原子力空母の時代
第9章 ステルス戦闘機の登場とネットワーク戦略
第10章 アジアの海と日本のシーレーン

書評および関連情報

◎西日本新聞の元記者が「近代軍事史」の本を書いた理由とは – 選報日本(2018年06月03日)
 https://www.sejp.net/archives/2112